top of page

肌年齢が加速する、夏。

昔から、【肌は夏に歳をとる】と言わているのはご存じでしょうか?


夏の間に何をしたか、しなかったか、それが肌年齢に大きく影響してくると

その決め手となるのは、言うまでもなく紫外線です


UVケアは万全だったのか、紫外線によるダメージを日々ケアしてきたのか

その1つ1つが直接的に見た目年齢を決めていくのです

強く降り注ぐ紫外線が真皮まで届き

ハリや弾力のもとであるコラーゲンを奪っていくからです



ここ数年、夏の暑さが尋常ではないですよね


猛暑が当たり前となり、酷暑、そして危険な暑さと言う言葉まで生まれてきました

肌が痛くなる暑さに見舞われることが少なくはありません


では酷暑の高温は肌にどんな影響もたらすのでしょうか

気温が上がるにつれ、汗とともに皮脂分泌が高まります

この余分な皮脂量が思っている以上に多く

その結果ニキビや炎症、毛穴の開きなど皮脂トラブルにつながるのです


しかし実はもっと問題なのが免疫力が落ちてくることなのです

「え?免疫力?」私もそう思いました


皮膚温が適度に上がること自体は肌にとって健康にはつながりますが

酷暑の夏は肌も熱中症状態。

バランスをつかさどる機能があまりにも高温だと大きく乱れ

外からのダメージをはねつけられなくなるのです


つまり、酷暑は肌を敏感にしてしまうということ


ただ環境の変化にも、肌がゆらがない人がいます

肌だけで考えれば、これはバリア機能の働きが正常な肌。

肌の水分を逃さず、外からの外敵をはねつける

つまり肌自身が自分のバリアになるという、城壁のような役割を果たしているのです


そしてこのバリア機能を奪うのが、これまた加齢に紫外線、そしてやはり潤い不足

しかも、バリア機能が低下してしまえば、さらに紫外線のダメージを受けやすく...

そうなるとまたコラーゲンを破壊されるという悪循環が生まれます

だからこそ、酷暑の夏は早く歳をとるのです


そこで、解決の決め手は最終的には【コラーゲン】 

コラーゲンのような乾かない潤いが私たちには必要なのです

酷暑の夏のアフターケアもやはり潤いであり、コラーゲン

潤いをしっかりと与えていくことで、肌揺らぎを止めること

それが、夏に歳をとらせない絶対の決め手となるのです


あなたはこの夏、どのようなケアをしますか?

コメント


bottom of page